TKY201209080202ロシアを訪れている野田総理大臣は、APEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議の場で、韓国のイ・ミョンバク大統領と握手したものの言葉は交わさなかった。APEC首脳会議で野田総理大臣は、韓国のイ・ミョンバク大統領と席が隣で、握手を交わしたのは会議が始まる前。これについて野田総理大臣は、会議のあと記者団に対し、「韓国のイ・ミョンバク大統領とは、会議が始まる直前に、お互いに目があった瞬間、自然発生的に握手したが、その際ことばは交わしていない。終わったあとも同じで、握手したがことばは交わしていない」と述べました。
また今回のAPECで、野田総理大臣とイ・ミョンバク大統領との会談予定は入っていない。改めて冷え込んだ関係を象徴する形となっている。この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote