c沖縄本土復帰40年という節目でも、普天間問題では解決の道筋が全くついていません。「県外移設」を掲げた当時の鳩山総理大臣は移設先を探したものの、「知れば知るほど抑止力は重要」と手のひらを返して、辺野古移設に逆戻り。野田総理は、沖縄での記念式典に出席し、「普天間の固定化を避ける」と決意を表明します。そんな中、鳩山元総理が辞任後、初めて沖縄入りしました。この後、座談会に出席して、当時の経緯について説明しますが、混迷の度合いは増しています。この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote