jpg@protect,408,0,1000,1000@crop,800,450,cスウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル生理学・医学賞を、iPS細胞を初めて作製した京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長(50)と、ジョン・ガードン英ケンブリッジ大名誉教授(79)の2人に贈ると発表した。日本人のノーベル賞受賞は2年ぶり19人目。生理学・医学賞では25年ぶり2人目となる。 

引用 【ノーベル賞】山中伸弥京大教授、2012年ノーベル医学・生理学賞を受賞この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote