121031c1-sui-w (1)大阪府吹田市が3月、国の「グリーンニューディール基金」を活用して庁舎に太陽光パネルを設置する工事について、入札を実施せずに井上哲也市長の後援企業に約2250万円で発注していたことがわかった。 特定の1社を指名する「単独随意契約」だったが、市は国に「競争入札」と虚偽報告をしていた。井上市長は地域政党・大阪維新の会顧問。

引用 吹田市、入札せず市長後援企業に発注…虚偽報告
この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote