9874630_20e3bc34bd_b

1
 : ☆ばぐた☆@☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/03/07(水) 22:50:18.64 ID:???0
橋下市長は「入れ墨職員は首、それが駄目なら入れ墨を消させろ」と述べたそうですが「入れ墨」きらいの私でも「それはないよ!」と言いたくなります。

市長の怒りはエスカレートして、「採用後の入れ墨はおかしい。あなた方の価値観は狂っている」とぶちまけ、「僕が市民に代わって、不適格の職員はどんどん分限免職にする」等と言うに至っては個人の価値観を公権力を使って強制するに等しく、民主国家の基本中の基本を無視した暴言です。 

職員条例、教育条例、国歌起立条例や、組合の行き過ぎ是正を目的に行ったアンケートに賛成して来た橋下ファンの私ですが、この発言を許す訳には参りません。現行法では「入れ墨」は法的に問題ありません。入れ墨を理由に職員を懲罰に課したいなら、先ず入れ墨を非合法化すべきです。「公務員に入れ墨を許す国がどこにある」とも言われたそうですが、欧米では「入れ墨」をした警官や消防夫、軍人などはざらです。

余談になりますが、米国で連邦予算局長、労働長官、財務長官、国務長官を歴任したジョージ・ シュルツ氏は、母校プリンストン大学のシンボルである「虎」の入れ墨をお尻にしている事は有名な話です。 

法律に疎い私ですが、この問題に関する限り、市長の言動は憲法が保障した国民の基本的人権への公権力による侵害としか思えません。又、条例で職員の「入れ墨」を禁止する事も、憲法第11-14条の障碍を乗り切れるかどうか、甚だ疑問です。 

「入れ墨」問題の様な表現の自由に関連するものは、条例を含む公権力の圧力行使には馴染まず、教育、広報活動を通じて社会的通念を変えるしか道はありません。これを機会に、橋下市長に撤回して欲しい事が他にもあります。それは、職員に出したアンケートの内容と野村弁護士が出した廃棄理由です。 

余り重要には聞こえない「入れ墨」発言や「アンケートの質問内容」は、橋下市長の原点に関わる基本的問題で、「公権力乱用」に拘る重要問題です。「論理的かつ構造的に考える(クリテイカルシンキング)」能力に優れる橋下市長は、変化に即応して考え直せる能力もお持ちの筈です。是非反省して、これ等の言動を訂正して頂きたいものです。北村 隆司(以上、抜粋)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120307-00000306-agora-pol

※前 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1331119857/
参照 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1331128218/


14 : 名無しさん@12周年:2012/03/07(水) 22:53:08.85 ID:NoQ3YeJH0
んじゃ、その理屈で、銭湯やサウナやプールの入れ墨禁止に反対してこい 


55
 : 名無しさん@12周年:2012/03/07(水) 22:59:53.43 ID:NBO3FG73O
バカみたい。タトゥー禁止なんて、日本はこれだから遅れてるって言われんのよ。頭固すぎ。

この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote