org1719530民主党の原口一博元総務相が8月31日、国会内で鳩山由紀夫元首相に会い、党代表選への出馬に意欲を示していたことが1日、分かった。立候補する場合は推薦人集めが課題となる。原口氏は会談で「もし求められるなら自分は逃げない」と述べ、「自民党総裁選に民主党代表選が埋没してはいけない。争点を立てて選挙をすべきだ」と強調した。消費税増税法案の衆院採決で棄権するなど、野田佳彦首相と距離を置いている。この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote