21ef5847政府は19日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を閣議決定した。今秋の臨時国会への提出を目指す。
ただ、同法案には「人権侵害の定義が曖昧で、拡大解釈により言論統制につながりかねない」との批判が政府・民主党内でも強く、国会での可決・成立の見通しは立っていない。
この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote