1235962777_photo

1
 おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 投稿日:2012/02/22(水) 11:00:36.60 ID:???0
♪京橋はええことだっせ~ 

そんなCMで知られる大阪市都島区の総合レジャービル「グランシャトー」のサウナ部門を開業以来40年間、取り仕切ってきた初代支配人が自伝を出版した。入浴客やサウナレディーらとのエピソードが満載。国内ではサウナに関する書籍は極めて少ないだけに、貴重な1冊だ。 自伝「負けてたまるか!」(遊絲社)を出版した、グランシャトー(林商事)顧問の池末龍雄さん(72)は、昭和46年11月開業のグランシャトーに支配人として招かれた。 

「当時は、大阪万博と前後してレジャー産業としてのサウナが軌道に乗り始めたころでした」と池末さん。後発だった同店を任された池末さんは「清潔」をモットーに、入浴や体洗いをバイキング方式で選んでもらう-などのアイデアを駆使。韓国から輸入されたとされる「垢(あか)すり」は、実は、それ以前に池末さんらが取り入れたともいわれている。 

大阪屈指の歓楽街だけに、暴力団員風やチンピラ客との接触もあったが、丁寧かつ毅然(きぜん)とした態度で対応。「あそこの支配人は押しても引いてもあかん」との評判を定着させた。他にも、熱い湯をかけてしまった客が、実は暴力団関係者で、多額の慰謝料を請求された騒動▽サウナレディーをそそのかした男性従業員-など5話をドラマ風に描いている。 

健康ランドやスーパー銭湯の出現で、サウナの店舗数も絶頂だったバブル期の3~4分の1程度。平成23年5月現在、大阪府下で11店舗(日本サウナ・スパ協会所属)という。そんな中で一線を張り続けるグランシャトー。池末さんは「私が素人で、水商売を何も知らなかったからここまで頑張れた。悲喜こもごものサウナ業界を、この本を通じて知ってもらえたら」と話している。 

http://www.vsearch.co.jp/entry/news07/post-13894.php


参照:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1329876036/l50


4
 名無しさん@12周年 投稿日:2012/02/22(水) 11:02:12.29 ID:Z5wKPaEA0
CMを見たことない自分でも知っているという凄さ 

この記事の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote