oricon_2017419_02日未明「肺カルチノイド」という難病のため、41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄氏の通夜が4日、港区の心光院でしめやかにいとなまれた。金子氏は、遺影、葬儀、墓など自分で用意できる物は自分で準備していたという。金子氏は小沢一郎政治塾の4期生だったため、「生活が第一」の小沢一郎代表も参列。他に番組で共演した森永卓郎、尾木直樹、カンニング竹山、石田純一、冨永愛、石塚英彦などが姿を見せた。


df

2日未明「肺カルチノイド」という難病のため、41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄氏の通夜が4日、港区の心光院でしめやかにいとなまれた。1年半もの闘病生活を隠していた金子氏は、遺影、葬儀、墓など自分で用意できるものはできるだけ準備していたという。

この日の通夜には有名人も多く参列。番組で共演した森永卓郎、尾木直樹、カンニング竹山、石田純一、冨永愛、石塚英彦などが姿を見せた。金子氏は小沢一郎政治塾の4期生だったため、「生活が第一」の小沢一郎代表も参列。番組で共演していた明石家さんまやビートたけしからは花が供えられた。 棺の中では、トレードマークでもあるオレンジ色のネクタイと眼鏡を身に着けて永久の眠りについた。

http://gendai.net/news/view/96802


ssss
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121004-1027694.html


re
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/oricon_2017440


sca
http://twitter.com/makochan1969/status/253391123094073344



食いっぱぐれない「働き方」のテクニック 金子哲雄 (著)
(4)
食いっぱぐれない「働き方」のテクニック  金子哲雄 (著)

このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote