ep733016民主党代表選 最終結果

野田 818 (党員サポ296 地方議員93 国会議員429)
赤松 123 (党員サポ 24 地方議員18 国会議員 81)
原口 154 (党員サポ 72 地方議員20 国会議員 62)
鹿野 113 (党員サポ 17 地方議員10 国会議員 86)


reg

21日午後の民主党代表選で野田佳彦首相(55)が再選を果たした。国会議員、党員・サポーター票などを合わせた合計1231ポイントのうち、6割を超える818ポイントを1回目の投票で獲得し、原口一博元総務相、鹿野道彦前農相、赤松広隆元農相の3人を破った。党代表任期は2015年9月までの3年間。首相は自民党総裁選、国連総会を終えて今月末から10月初めにかけて内閣改造・党役員人事を実施する。

得票結果は首相に次ぐ2位が原口氏154ポイント。赤松氏は123ポイント、鹿野氏113ポイントだった。首相と他の3候補の主張は代表選が進むにつれて溝が広がっており、党役員・内閣人事が党運営を占う試金石となる。

再選した首相を取り巻く党内外の政治環境は厳しく、政権運営の行方は予断を許さない。参院で与党は過半数を制しておらず、自民党の協力がなければ法案は1本も成立させることができない。10月に召集する臨時国会では、26日に選出される新総裁の下、自民党が衆院解散・総選挙に向けて対決姿勢を強めるのは確実だ。

党勢が低迷する民主党内では、次期衆院選に危機感を抱く議員が「今後も離党する」との観測が党内にも出ている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2101O_R20C12A9000000/  

long509397long509396
10s705872
10s705857
10s705874
long509408
long509413
10s705876
10s705880
maru1348203562557
103377
ep733015
ep733016


このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote